NIMDの活動

メグセンターのご案内

メチル水銀中毒の客観的な診断法を検討するために、平成21年に国保水俣市立総合医療センター内にメグセンターを開設しました。「メグ」とは、脳磁計(MEG:Magneto Encephalo Graphy)のことで、脳が活動している時に頭から出る磁気を計測することで、脳の活動状況を調べることができます。
メグセンターでは、水俣病患者さんや水俣病被害地域の高齢者を対象に最新の検査を実施し、その結果に基づいて生活指導を含めた健康相談を行っています。また、国立水俣病総合研究センターに「水俣病の治療向上に関する検討班」を設置し、これまで改善が困難であった水俣病の症状に対する最新の治療研究を行っています。

検査について

MEG検査と頭部MRI検査を行うことで、メチル水銀中毒の客観的な診断法を研究しています。

MEG検査から分かること

脳の活動している部分では、僅かな電流が流れ、磁気が発生しています。MEG検査では、この僅かな磁気を計測することで脳の活動状況を正確に捉えることができます。

頭部MRI検査から分かること

頭部MRI検査では現在の脳の形態の情報や認知機能に重要な役割を果たしている海馬の萎縮の程度などを知ることができます。

検査のご案内
検査の流れ
検査時間
約2時間 ※トイレ等休憩をとることはできます。
対象者
水俣市・水俣市近郊出身で昭和40年より前に生まれた方
検査結果
後日メグセンターで詳しい説明と認知症予防の生活指導を行います。

※注意事項

  • ・磁気の影響をなくすため、金属類は全て外していただきます。
  • ・検査を受けることができない場合がありますので、申込みの際に病歴などを確認させていただきます。

治療研究について

水俣病の症状の一つである痙縮(手足の筋肉のつっぱり)や神経障害性疼痛(神経の障害による痛み)は、これまで有効な治療法がなく、水俣病患者さんの日常生活動作が低下する大きな一因になってきました。近年、このような症状に対する有効な治療法が開発されてきています。メグセンターでは、神経系の障害のために長期間「痛み」が生じる神経障害性疼痛に対する磁気刺激治療の研究を行っています。また、痙縮に対するボツリヌス治療も岡部病院と協力して行っています。

磁気刺激治療

手術を必要とせず、磁気コイルから発生する磁気を当てることで、ほとんど痛みなく脳を刺激し、症状を軽減する治療です。メグセンターでは、ナビゲーションシステムを用いることで、正確に治療部位である運動野に磁気刺激を行っています。

磁気刺激治療の効果
  • 神経障害性疼痛が軽減することが期待されます。
  • 治療後リハビリテーションを行うことで、その効果を高めることができます。

※磁気刺激治療の有効性については、多くの報告がありますが、現在のところ保険診療で認められた治療ではありません。本治療研究は、「臨床研究法」が定める認定臨床研究審査委員会(九州大学病院臨床研究審査委員会)の承認を得て実施しています。

ボツリヌス治療

筋肉を緊張させている神経の働きを抑える「ボツリヌストキシン」という薬を注射することで、痙縮を正常に近づけます。

ボツリヌス治療の効果
  • 体が動かしやすくなってリハビリテーションが行いやすくなります。
  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます。
  • 手足の痙縮をやわらげることにより、痙縮による痛みをやわらげる効果が期待できます。
  • 介護の負担が軽くなります。
  • 首や肩の周りにある筋肉の強い緊張がやわらぐことで、頭の位置が正常に近づきます。
治療のご案内
磁気刺激治療

※現在、磁気刺激治療のお申込みを一時休止しております。

ボツリヌス治療
治療の流れ
ボツリヌス治療の適用がある場合は、岡部病院を紹介します。
治療時間
約30分
対象者
手・足のこわばりが強い方
評価
治療前後にこわばりの程度や関節可動域を調べます。

その他、磁気刺激治療の効果がない神経障害性疼痛には脊髄刺激療法、痙縮にはバクロフェン髄注療法、ふるえには脳深部刺激療法等がありますが、国立水俣病総合研究センターにおいては、磁気刺激治療及びボツリヌス療法のみを実施しています。その他の治療については、「水俣病の治療向上に関する検討班」の専門医に紹介します。まずはかかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医がいない場合は、下記連絡先にご連絡ください。

検査・治療に関するお問合せはこちらまで。

臨床部 総合臨床室 担当:田畑

TEL:0966-63-3111