E 質問コーナー

 

水俣病の対策

 

Q1: 水俣病の患者さんは何人ですか?

A1: 認定された患者さんは熊本・鹿児島・新潟の3県であわせて約3,000人です。

解説: 
水俣病の認定は「公害健康被害の補償等に関する法律」に基づき行われており、平成29年(2017年)3月末までに認定された患者さんは、2,987人(熊本県1,789人、鹿児島県493人、新潟県705人)です。このうち、生存されている方は、528人(熊本県275人、鹿児島県101人、新潟県152人)です。

また、認定されていなくても感覚障害や魚介類の多食等の条件に当てはまる人には総合対策医療事業が実施されており、その対象者は、38,257人(熊本県、鹿児島県、新潟県の3県合計。ただし新潟県のみ暫定値)です。


トップページへ 
項目一覧へ 
質問一覧へ