E 質問コーナー

 

自然界の水銀

 

Q2: 大気中の水銀はどこから出てくるのですか?

A2: 火山の噴火や石炭・石油の燃焼によってガスとなって出てきます。

解説:
  大気中に放出される水銀の量の年間推定量は、火山の噴火が約80-600トン、海水面からの蒸発が約2,000-2,950トン、化石燃料(主に石炭)の燃焼からは約2,000トンとなっています。その他、地表や植物(約1,700-2,800トン)からも出ており、大気中の水銀はやがて雨や霧とともに地表にもどってきます。


トップページへ 
項目一覧へ 
質問一覧へ