E 質問コーナー

 

魚介類とメチル水銀

 

Q10: 微量メチル水銀の胎児影響に関する研究の現状はどうなっていますか?

A10: 微量メチル水銀の胎児影響については現在も研究が続けられています

解説:
 デンマークのフェロー諸島での調査によると,クジラ(ゴンドウクジラ)の肉などをたくさん食べて水銀摂取量が高い子どもほど,わずかに,体重・身長・神経系の発達が遅れると報告しています。一方,インド洋のセイシェル共和国での調査では,そのような影響はまったく見られず,むしろ魚などをたくさん食べた方が,子どもの神経系の発達がよかったとの結果も得られています。このように,魚などを通じて摂取されるメチル水銀による胎児の発育影響についてはまだ分からないことも多いのです。わが国は食生活も環境もフェロー諸島やセイシェル諸島と異なるので,わが国でも環境省などによりメチル水銀の胎児影響についての研究が行われています。


トップページへ 
項目一覧へ 
質問一覧へ