トップ > NIMDフォーラム > NIMDフォーラム2018
 国立水俣病総合研究センター (National Institute for Minamata Disease: NIMD)では、毎年、国内外の専門家を招へいし、水銀に関するテーマで公開研究発表会 (NIMDフォーラム) を開催しています。 今回は、国立水俣病総合研究センター創立40周年記念事業とあわせNIMDフォーラム2018を開催します。記念事業においては、水俣高校生による研究発表、専門家による健康講話を行います。 NIMDフォーラムでは、国内外の水銀汚染事例や水銀分析技術の効率化、水銀等による人体影響など最近の研究成果について発表が行われます。多数の皆様のご来場をお待ちしております。



日  時
創立40周年記念事業    平成30年11月1日 (木) 10:00~12:00
NIMDフォーラム2018 平成30年11月1日 (木) 13:15~17:15
              平成30年11月2日 (金) 9:30~12:00
会  場 水俣病情報センター講堂(熊本県水俣市明神町55-10)
参加費 無料 
レセプション 水俣市 福田農場 18時30時〜20時 (会費4000円程度) 

申し込み方法
参加申込書に必要事項を記入の上、Eメール又はFAXにて10月19日 (金)までにお申し込みください。 

参加申込書 → NIMD Forum2018参加申込書


申し込み・お問い合わせ先
【NIMDフォーラム事務局】
  担当:出来田
  E-Mail:kokusai@nimd.go.jp
  TEL:0966−63−3111 Fax:0966−61−1145




    国立水俣病総合研究センター創立40周年記念事業

11月1日10時~12時
  1. 国水研の歩み
  2. 水俣高校研究発表 タイトル「水俣湾を中心とした八代海における栄養塩類の変動」
  3. 健康講話「地域ぐるみで取り組む認知症予防」島田裕之氏 国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター予防老年学研究部長



         NMID Forum 2018
               ※ 同時通訳が入ります。
         (講演時間、講演者については、一部変更になる場合があります)


        メインテーマ 「国際的な水銀問題とNIMDの国際貢献」

                 

11月1日(木) (1日目) 13:15~17:15

開会挨拶 国立水俣病総合研究センター所長 重藤和弘

テーマ1 水銀分析技術の簡易化  13:20-14:35
     座長 (正) 藤村成剛 (副) スティーブ バロー

  1. 原口浩一 (国立水俣病総合研究センター 水銀分析技術研究室 主任研究員) 
    「水銀分析技術の簡易化と標準物質の開発」

  2. レイブライト・ボーエグボーロ (ガーナ クワメエンクルマ科学技術大学化学部 教授) 
    「魚肉の総水銀濃度定量のための試料分解過程の評価及び発展途上国に適した処理方法の最適化」

  3. 山元 恵 (国立水俣病総合研究センター 環境・保健研究部 部長)
    「魚介類に含まれるメチル水銀の簡易分析とそれを利用したメチル水銀暴露評価」

(休憩)  


テーマ2 国内外の水銀汚染に関する現状とその事例紹介  14:50-16:55
     座長 (正) 原口浩一 (副) 斉藤 貢

  1. 藤村成剛 (国立水俣病総合研究センター 基礎研究部 部長)
    「世界中のメチル水銀汚染に関わる地域における毛髪水銀検査」

  2. 松山明人 (国立水俣病総合研究センター 国際・総合研究部 部長)
    「水俣湾の水銀汚染に関する現状」

  3. スティーブ バロー (アメリカ 首都圏大規模環境サービス 主任研究員)
    「大都市部の排水処理場で1994年から2018年にかけて実施され成功した水銀管理技術の中身とその歴史」

  4. ナタリア バルボッサ (ウルグアイ ウルグアイ住宅土地整備環境省 環境局 分析室 室長)
    「潜在的に水銀で汚染された場所の評価とその対処」(ウルグアイでの事例紹介)

  5. フランシスコ ピカド パボン (ニカラグア ニカラグア自治大学付属水資源環境研究所 環境水銀研究室 室長)
    「ニカラグアにおける環境中の水銀汚染」(ソロトラン湖での事例紹介)

 (レセプション 福田農場 18:30~)


11月2日(金) (2日目) 9:30~12:00 

テーマ3 水銀の人体への暴露とその関連する健康リスクの低減  9:30~12:00
     座長 (正) 山元 恵 (副) レイブライト・ボーエグボーロ

  1. 坂本峰至 (国立水俣病総合研究センター 環境・保健研究部 環境保健研究室 主席研究員) 
    「異なる水銀化学形態の健康への影響および暴露評価」

  2. フン・テ・ダン (ベトナム ハノイ公衆衛生大学 研究センター 次長)
    「環境化学物質と乳がんのり患に関係する最近の疫学的研究」(ベトナムにおける事例紹介)

  3. 小川祐司 (新潟大学大学院医歯学総合研究科 WHO口腔保健協力センター)
    「歯科用アマルガム削減-今後の展開-」

  4. 斉藤 貢 (環境省 環境保健部 水銀対策推進室 課長補佐)
    「多媒体水銀モニタリングと水俣条約の有効性評価」

全体総括  スティーブ バロー  
閉会挨拶  坂本峰至 (国立水俣病総合研究センター主席研究員) 
次回案内  山元 恵

※発表タイトルは、意訳


【英語:English】

    NIMD Forum 2018 in Minamata
       Main theme International mercury problems and NIMD contribution

        November 1, 2018 PM 13:15~17:15
        Facilitator  Akito Matsuyama
       (講演時間、講演者については、一部変更になる場合があります)


◎ Opening Remarks Kazuhiro Shigeto Director general (NIMD)


Session 1
Improve efficiency of mercury analysis technology 13:20-14:35

Chairperson Masatake Fujimura, Vice-Chairperson Steven J. Balogh

  1. Koichi Haraguchi (NIMD)
    Simplified method for determination of mercury and new reference materials for human biomonitoring.

  2. Ray Bright Voegborlo (Africa Ghana )
    Evaluation of Digestion Procedures for the determination of total mercury in fish tissue and optimization of a simple one suitable for low technology environment.

  3. Megumi Yamamoto (NIMD)
    Simple analysis of methylmercury in seafood and its application to methylmercury exposure assessment.

(Coffee break)  

Session 2 
Current state of mercury pollution in domestic and foreign country and its case study 14:50-16:55

Chairperson Koichi Haraguchi , Vice-chairperson Mitsugu Saito

  1. Masatake Fujimura (NIMD)
    Examination of hair mercury in areas concerned with methylmercury pollution around the world.

  2. Akito Matsuyama (NIMD)
    Current state of mercury pollution in Minamata Bay.

  3. Steven J. Balogh (USA)
    A history of successful mercury control efforts at a large urban wastewater treatment plant, 1994-2018.

  4. Natalia Barboza (Uruguay)
    Environmental diagnosis of a site potentially contaminated with mercury. Case study in Uruguay.

  5. Francisco Picado Pavon(Nicaragua)
    Environmental mercury pollution in Nicaragua; Xolotlán Lake a case of pollution.


 (Reception FUKUDA FARM 18:30~)



November 2 AM 9:30~12:00 
Facilitator Akito Matsuyama

Session 3
Efforts of suppression as for the influences of human body derived from mercury etc 9:30~12:00

Chairperson Megumi Yamamoto Vice-chairperson Ray Bright Voegborlo

  1. Mineshi Sakamoto (NIMD)
    Health impacts and exposure assessment of different chemical forms of mercury.

  2. Dang The Hung(Vietnam)
    Recent epidemiological studies on the relationship between environmental chemicals and
    breast cancer risk: a pilot case-control study in Vietnam.

  3. Hiroshi Ogawa (Niigata Univ)
    Phasing down of dental amalgam use – future challenge-

  4. Mitsugu Saito (Ministry of the Environemt)
    Multi-media Mercury Monitoring and Effectiveness Evaluation of the Minamata  Convention.

◎ Summary report          Steven J. Balogh   11:10-11:30
◎ Closing remarks          Mineshi Sakamoto   several minutes
◎ The Next NIMD Forum     Megumi Yamamoto  several minutes



○過去のNIMDフォーラム