施設のご利用案内

資料室のご案内

水俣病に関する資料や書籍などを収集・保管しており、閲覧ができます。

  • 第1資料室

  • 閲覧室

第1資料室に保管している資料の閲覧について

第1資料室では主に書籍を保管しており、⼀般の方も職員と同伴の上で入室、閲覧ができます。入室、閲覧をご希望の方は、1階事務室の職員までお申し付けください。

第1資料室に保管している資料等の目録を掲載しています。

第1資料室の資料目録はこちら(PDF)

第2資料室に保管している資料の閲覧について

第2資料室では主に水俣病に関する歴史的な資料などを保管しており、⼀般の方の入室はできません。(事前に申請することで公開可能な資料の閲覧ができます。)
また、当センターは内閣総理大臣より歴史資料等保有施設(国内11施設の1つ)として平成23(2011)年4月に指定を受けました。

→歴史資料等保有施設についてはこちら(外部ページへ移動します。)

第2資料室に保管している資料の閲覧を希望する場合には事前の申請が必要となります。
第2資料室に保管している資料の目録を掲載しています。この目録で事前に閲覧を希望する資料を特定した上で、閲覧申請書をメールまたはファックスにてご提出をお願いいたします。1回の閲覧申請で5件までの資料閲覧を申請することが可能です。

閲覧申請書を受領した後、閲覧可能日をお知らせいたしますので、閲覧可能日以降に来館ください。閲覧資料を準備しますので、来館日が決まりましたら事前にご連絡をお願いいたします。

第2資料室の資料目録はこちら(PDF)

→閲覧申請書(Word版)

閲覧申請書送付先

E-mail:

FAX: 0966-62-8010

他の水俣病関連施設の資料目録一覧について

水俣病情報センター以外にも、水俣病に関する歴史的な資料などを保管している施設があり、これら施設の資料目録を、資料検索の一助となるよう、一覧で掲載しています。

(五十音順)
熊本学園大学水俣学研究センター
:水俣学研究センターが独自に制作し集積してきた「水俣学アーカイブ」は、文献資料からなる「水俣学データベース」と視覚的に水俣を理解してもらう「映像アーカイブ」で構成。

→https://gkbn.kumagaku.ac.jp/minamata/db/cs_search.php

熊本大学文書館
:熊本大学医学部で行われてきた研究の論文や寄稿、水俣病研究会資料、熊本大学教授等の資料を主に保管。

→http://archives.kumamoto-u.ac.jp/minamata.html

水俣病センター相思社
:水俣病関連資料(書籍を含む)、水俣病関連新聞記事、写真、映像資料、音声資料を主 に保管。

→https://opac.jp.net/Opac/search.htm?s=0Cc9k026IYaeUukruGs0d1763vh